こじらせ新卒採用担当

バックオフィス

あちゃ

社長直轄 リクルーティングチーム

人間社会学部初等教育学科

入社4年目

いまやっている お仕事

採用担当として、新卒採用に関わる業務全般を担当しています。
例えば、今まさにあなたが見ているこのサイトの企画・運営を担当しています。ほかにも、会社説明会の企画や運営、面接の日程調整、選考結果の連絡、内定者のフォローアップなども担当しています。
採用担当は、いろいろなスタッフと関わる機会が多く、みんなから刺激をもらっています。
社内スタッフの意見を参考に採用計画を立てるのですが、みんなの意見にいつも、私なりの「ペパボらしさ」をいれて、前年度よりもっとおもしろい採用が行えるようにしています。

あちゃ突撃インタビュー!

ペパボに入社するまで、入社後から今までについて詳しく聞いてみました!

中学時代のエピソード

中学時代は、バスケ部の部長や学級委員をする積極的な子でした。初めてインターネットに触れたのもこの時期で、毎日家に帰ってくるとパソコンの前に座り、自分のHPを更新していました。ほかには携帯の待ち受け画像を作っていました

インターネットと私

中学1年生の時に初めて家のパソコンがインターネットにつながりました。掲示板やチャットで、インターネットの中にいる知らない人たちと話すことに夢中になりました。
プロフィールやブログを載せた自分のHPをつくり、PictBearというソフトを使って画像を加工してバナーを作ったり、HPのデザインを定期的にリニューアルしていました。この頃はたぶん1日5時間くらいはインターネットをしていたのではないかと思います。それまで知らなかった世界を教えてくれるインターネットにどんどん没頭していき

学生時代のエピソード

ボランティアサークルに入り、サークル仲間とイベントを企画し、その準備に毎日明け暮れていました。
サークルの中では制作部というポジションで、イベントのチラシや冊子、動画などを作ていました。
その中で、パソコンを使って皆のアイディアを形にしていく楽しさや、インターネットを使って自分の作った冊子や動画をいろんな人に見てもらえる喜びを知りました。
その気持ちと中学生のころ知ったHPを作る楽しさとがリンクして「やっぱりIT業界で働きたい」と思いました。

ペパボの就活のエピソード

ペパボの”大切にしてほしい3つのこと”のなかの1つに 「アウトプットすること」があり、サークルでも、冊子や動画を使って自分の考えを伝えてきた経験と、絵を描くのが得意だったことから、自分の考えやアイディアを絵本にして、面接時に持って行きました。
ほかにも、選考中にペパボスタッフのTwitterにリプライを飛ばしてみたり、Facebookで面接をしてくださった方を探してメッセージを送ってみたり、自分をアウトプットするために何をすればいいか考えて行動しました。

配属当初のお仕事

初めての配属は、「カラーミーショップ」の営業担当でした。そこで「プラチナプラン」という法人向けの上位プランを販売していました。最初はなかなか売り上げが伸びず、営業という仕事もなんだか前向きにとらえられず悩みましたが、先輩に指導いただきながら少しずつ結果を出せるようになり、半年くらいたったころからは数字という明確な結果が自分の自信にも繋がりました。

1番嬉しかったお仕事

はじめて採用した6期生のみんなが元気に入社してくれて、採用担当になって良かったなと思いました。

「みんなと仲良くすること」のエピソード

お花見やBBQ、キャンプなど、社内イベントがたくさんあるので、なるべく参加するようにしています。みんなとわいわい騒いで、お酒を飲むのが好きという理由もありますが、普段あまり接する機会が無いスタッフとも話せるというのもあります。「この話、今度就活生に話してあげたいな」という話や、仕事に活かせる話を聞くこともできます。仲も深まり、アドバイスももらえて、一石二鳥で最高だなと、いつも思っています。

「アウトプットすること」のエピソード

営業担当から採用担当になるとき、「採用担当として、なにも経験がないな」と不安になって、Twitterでペパボに関心のある学生に向けて「話をしましょう!」と呼びかけました。
ケンタロさんがリツイートしてくれたおかげもあって、20名ほどの学生と話すことができました。学生に対しペパボの魅力を伝える難しさを実感でき、また学生のリアルな悩みを聞くことができ、採用担当になる心の準備ができました。そして改めてリアルでは出会うことのできない人たちと出会うことのできるインターネットの面白さに気づかされました。

こじらせ新卒採用担当 あちゃのとある1日

  1. 10:00

    朝が苦手なのでギリギリ間に合う9時に起床。
    後輩デザイナーのちーちゃんと新卒サイトのリリース日に向けて作ったアドベントカレンダーを空けるのが朝の日課です。
    午前中の頭が冴えているうちに、今年の採用方針の素案をまとめて、GitHubのissueに内容を書いて、みんなから意見をもらいます。

  2. 13:00

    カレー好きが集まるslackの #curry チャンネルでお昼にいく人を誘って、チリチリにいって「チキンマサラトマトトッピング」のカレーを食べます。

  3. 15:00

    カジュアルトークに応募いただき、オフィスに遊びに来てくれた学生にオフィス内を案内したり、会社のお話しをします。 採用担当としてペパボの魅力しっかり伝えられるように努力しています。

  4. 18:30

    週に3回、私が所属しているリクルーティングチームで、30分タスクの進捗確認や困っていることの共有をしています。
    ちょっとした悩みをすぐに共有できるのでとても助かっています。

  5. 21:00

    帰宅後、凝った料理を作って気分転換をします。
    作った料理は #壁飯 というハッシュタグをつけてinstagramに投稿しています。instagramをみた先輩から「いつもカーテンに向かってご飯を食べているの?」と聞かれたことをきっかけに”壁飯”というハッシュタグになりました。
    その後お風呂に入って、1時くらいにネットを見てから寝ます。

就職活動では、たくさん悩み、たくさん考えて、自分ととことん向き合いました。その経験は今でも役立っています。5年前は私も今のあなたと同じ就活生でした。もしよかったらいつでもお話聞くのでぜひ一度、ペパボのオフィスに遊びにきてください!

エントリーする