minneに惚れ込む堅実エンジニア

エンジニア

けおけん

minne事業部 プロダクトチーム

未来科学研究科情報メディア学専攻

入社4年目

いまやっている お仕事

minne」のWEBアプリケーションエンジニアをしています。主に、新機能の開発、既存機能の改善、不具合修正、お問い合わせ調査などを行っています。

けおけん突撃インタビュー!

ペパボに入社するまで、入社後から今までについて詳しく聞いてみました!

高校時代のエピソード

3年間、部活(バレーボール部)に明け暮れていました。ほぼ毎週遠征、年間の休みは約7日間といった生活を送っていました。顧問の先生がとても厳しく、挨拶・礼儀などを叩き込まれました。

ペパボと私

修士1年のときに友人から「WEBで本棚つくれる面白いサービスがある」と教えてもらい、「ブクログ」を使い始めました。その後、就職活動する際に「ブクログ」のフッターにあったサービス運営会社名でペパボを知りました。

ペパボの就活のエピソード

二次面接と最終面接では大学院で研究していた拡張現実感(AR)について話したり、開発していたアプリケーションを持ち込んでデモンストレーションしました。あと趣味の釣りの話を熱く語りました。

1番嬉しかったお仕事

入社2年目の最初の仕事としてプッシュ通知機能の開発を任せてもらいました。当時は社内でもモバイルアプリがあるサービスは少なく、知見も少ない中での開発で苦労しながら実装しました。それからしばらくして、とあるテレビ番組で作家さんが「作品が購入されました」というプッシュ通知を見て喜んでいるシーンを見て、自分のことのように嬉しく、感動したのを覚えています。

「みんなと仲良くすること」のエピソード

他のメンバーが書いたコードをレビューする際には特に「みんなと仲良くすること」を意識するようにしています。コードレビューは基本的にテキストベースで行なわれるため、指摘した内容が間違って伝わらないか、指摘や提案の仕方が、相手を不快な気持ちにさせないかなど、メンバーがいかに気持ちよく仕事をできるかを心がけるようにしています。これは自分に限った話ではなくペパボのエンジニア全員が意識しており、ペパボの良いところだと思っています。

minneに惚れ込む堅実エンジニア けおけんのとある1日

  1. 10:30

    コードレビューとお問い合わせ対応をし、その後担当している機能の開発をしています。

  2. 13:30

    先輩のじゅーんさんと、内定者アルバイトできているえんどー君とガパオ食堂に来ました。

  3. 15:00

    午後は気分転換に眺めの良いリフレッシュスペースで開発をしています。

  4. 17:00

    開発している機能の進捗をアプリ開発者に共有します。

  5. 22:00

    福岡の同期が出張できていたので、同期勢揃いで飲み会にいきました。

就活ではありのままの自分を出すことが大切だと思います。自分がやってきたことや考えを思い切ってぶつけてみよう!

エントリーする