クール・ナイス・クール

管理職

まよと

本社事業部 30days Albumグループ

情報工学科

入社5年目

いまやっている お仕事

minne」の決済に関わることをしています。具体的には新しい決済手段を導入するため、社外の方と打ち合わせをし、開発や契約、リリースのため、チームのエンジニアやデザイナー、バッグオフィス等、社内コミュニケーションを密にして目標のスケジュールにリリースができるよう調整します。

マネージャーとして、スタッフの勤怠管理や面談などもおこなっています。 「人」に関わることがとても多い仕事かなと思います。

まよと突撃インタビュー!

ペパボに入社するまで、入社後から今までについて詳しく聞いてみました!

中学時代のエピソード

ソフトテニスと図書委員を3年間!ソフトテニス部の入部が同年代に多く、たくさんの仲間と一緒に切磋琢磨しました。たまり場になっている公園があり、帰宅後はみんなそこに集まってテニスをしたり、サッカーをしたり、お菓子食べながらしゃべったり。みんな本当に仲が良かったなーと思います。この時代に自宅にパソコンを購入して、そこからインターネットにハマりだしました。

ペパボと私

ペパボとはホームページを作っていた中学生の頃に「ロリポップ!」をきっかけに出会いました。当時はお金を払うことが難しかったため使うことはできなかったのですが、短いドメインでホームページが公開できてCGIの掲示板やカウンタが使える、憧れのレンタルサーバーでした。「ロリポップ!」のデザインは印象に残っていて、その頃からペパボのサービスのファンです。就職活動しているときは、自分は、こんなすごい会社には入ることができないだろうとエントリーする前から諦めていたのですが、やっぱりインターネットに関わる仕事がしたいという強い思いがあり、意を決して説明会に参加しました。

学生時代のエピソード

コンピュータで知らないことをなくしたいと思い、とにかくコンピュータに関することならなんでも勉強していました。学科では独学で勉強しにくい分野を限界まで履修し、それ以外のところは図書館をフル活用して学習していました。当時技術系イベントをネット配信するのが流行っていて、トレンドとなっている技術要素などもウォッチしていました。興味があることにずっと時間を使っていました。

配属当初のお仕事

30days Album」でエンジニアとして働いていました。初期の頃は人数が少なかったので開発以外のお問い合わせ返信など、運用に関することはなんでもやっていました。

仕事のやりがい

「製品開発」というものがやりがいです。プロダクトを作り提供して運用してサポートする。それに対してフィードバックがある。みんなと一丸になってモノを提供するってとても楽しいです。これができているのも自分の周りに優秀な人たちがいるからこそです。プロダクトと共に自分とみんなが成長をしていることを感じられたとき、とても嬉しく思いますし、やりがいを感じます。

「みんなと仲良くすること」のエピソード

社内イベントはよく参加しています。スノボー、花見、バーベキュー、キャンプなどみんなが集まるイベントは絶好のコミュニケーション機会です。普段お仕事する部署以外の人ともコミュニケーションしたいなと思っているため積極的に参加しています。

クール・ナイス・クール まよとのとある1日

  1. 11:00

    朝は前日の数値確認から始まります。色んなインターネットサービスの情報をかき集めています。

  2. 13:30

    イタリアン料理のお店にチームメンバーと行ったので頬張っているところを撮ってもらいました。

  3. 16:00

    ふりかえり会に参加。KPTというフォーマットで期間内の出来事に対してみんなで抽出。評価、改善を繰り返していきます。

  4. 18:00

    キャンペーン用のクリエイティブについてデザイナーと一緒に話しながら細かい部分を詰めていきます。

  5. 19:10

    定時過ぎに集まって団らんしているところ。みんななかよし。刀(おもちゃ)を振り回すのが最近のブームです。

「もっとおもしろくできる」そんなことを常日頃考えている人、一緒にプロダクトを創りませんか?

エントリーする