待ってて!ちょっと顔ハメてくる

デザイナー

モハゑ

EC事業部 カラーミーショップグループ メディアチーム

造形学部デザイン情報学科

入社6年目

いまやっている お仕事

よむよむカラメル(WEB版・冊子版)」のデザイン、取材撮影全般をやり、時々「カラーミーショップ」のデザイン業務もしています。直近では、創意工夫を凝らしたネットショップを発掘し表彰するコンテスト「カラーミーショップ大賞2017」のデザイン全般を担当しています。

モハゑ突撃インタビュー!

ペパボに入社するまで、入社後から今までについて詳しく聞いてみました!

インターネットと私

学生時代はほとんどインターネットとは無縁の生活をしていました。中学生くらいまでインターネットは機械版の辞書だと思っていました(あながち間違いではないですが)。
大学に入学後しばらくしてmixiの存在を知り、mixi内のつぶやき機能みたいなのを荒らし始めていたとき、友達に「はるちゃんはTwitterをやったほうが良いと思う」と言われました。そこからTwitterを始めたことで、インターネットと自分が近くなったような気がします。

学生時代学んでいたことで、入社後役に立ったこと

学生時代は、何かものをつくるにあたって「ひたすらに考え抜く」ということが体に染み付いたような気がします。
なぜつくるのか、人を引きつけるコンセプトを導き出せているか、人にどう感じて欲しいのか、など、その考え方や頭の整理の仕方は、入社後に何をつくる場合にも役立っていると感じています。

学生時代のエピソード

デザインの授業は、ほとんど専攻していませんでした。
「かっこいい」や「かわいい」じゃなくて、「おもしろい」ものをつくりたい!という気持ちが非常に強かったです。偽物の標識を100種類つくったり、大喜利メモ帳みたいなのを100種類つくったりしていました。
サークルでは、野球部の幽霊部員として活躍しました。

配属当初のお仕事

ショッピングモール「カラメル」で、特集ページをつくったりサイトのUIやデザインを改善したりしていました。

仕事のやりがい

自分で考えてものをつくれるところです。
言われたものをつくるだけではなく、作業を依頼された場合であっても、そこからまず自分で考えて、依頼者の想定以上のものをつくることを心がけています。デザイン次第で、チームメンバーのテンションを上げることが出来ると思っています。

1番嬉しかったお仕事

初配属のサービスでは初期の頃、メルマガも書いていました。それから数年ほど書いてはいなかったのですが、ある時、企画からデザインまで自分が担当したキャンペーンページをリリースしたことがきっかけで、そのページの紹介メルマガを書きました。
すると、そのメルマガに対して「モハゑさん!ずっとメルマガで見かけなかったので辞めてしまったのかと思っていました!いつも楽しみにしていました!」というような内容(記憶がいいように捏造されているやも)の返信をいただいたことがありました。メルマガに返信をもらえることはそうそう無いですし、何より、「あぁこんなわたしでも会社のファンをつくる役に立てていたのかな」と思えて、涙が出るほど嬉しかったです。

研修での思い出

福岡研修の最終日の挨拶で同期のみんなでガンガン泣いたことです。
研修前は、福岡という慣れない土地へ行くことが不安でしかたがなかったのですが、福岡支社のみなさんは本当に温かく我々を迎え入れてくれました。業務はもちろん、定時後や休日も、色々なところに連れて行ってくれました。
ペパボの「おもいやりの精神」は、実は研修時代にいちばん学び取ったかもしれません。

「みんなと仲良くすること」のエピソード

新卒1期生として一緒にペパボに入社した同期が、同期の域を越えてもはや尊い存在です。
昼も夜も休日も一緒に遊びますし、喋っていると呼吸困難になるくらい笑いますし、仕事のモヤモヤを相談すると心が晴れますし、やる気が漲ります。「会社の友達」という新ジャンルが、わたしの同期です。

待ってて!ちょっと顔ハメてくる モハゑのとある1日

  1. 08:00

    8:00過ぎに起床。教育テレビを見ながらだらだら支度をし、9:00前に家を出ました。
    出社後は、まず「いま自分が抱えている全作業・今日やること・Githubでメンションが来ていないか」などを確認して、自分の「今日のスケジュール」を立てます。10:30にはチームの朝会。

  2. 13:00

    今日は同期とランチにきました。大体は同期とランチにいきます。お気に入りの店はネパリコ。
    金曜日は、「よむよむカラメル」とその周辺の人たちで行く、通称バイブスランチです。(バイブスは何も出ていない)

  3. 14:00

    週に1度のチーム定例ミーティング。昼間の明るい時間は、企画の撮影をすることも多いです。

  4. 17:00

    引き続き作業を進めます。

  5. 19:00

    定時後ふらりと飲み屋に行きました。今まで無かったのに唐突に顔ハメが置いてあったため、ハメました。残業はほとんどせず、予定が無くても定時であがり家でゆっくりすることが多いです。

何をするときも、まわりに流されず「自分はこうしたいんだ!」という気持ちを曲げずに生きて下さい! それが正しいか、間違っているかは、一旦置いておいて、全てのことに耳を傾けてくれる会社です。

エントリーする