ハイプレッシャー・ハイパフォーマンス

エンジニア

スン

経営戦略部 人材開発グループ

ネットワーク情報学部

入社1年目

いまやっている お仕事

新卒1年目で、エンジニア研修を受けています。
研修も終盤に差し掛かり、サイクルOJTのフェーズに入っています。サイクルOJTはサービスを2週間ごとに各サービス部署を周りながら、実際の開発業務を行うことです。
それぞれのチームは特色があって、早く慣れて仕事を行う事が求められます。隣にメンターが付いてくれているので、困ったことはすぐに聞くことができます。
サービスを改善し、実際のユーザーに価値を届けることは難しいことですが、とてもやり甲斐があり日々成長することができています。

スン突撃インタビュー!

ペパボに入社するまで、入社後から今までについて詳しく聞いてみました!

高校時代のエピソード

高校時代は帰宅部でした。活躍できるのは文化祭、そうバンドです。
文化祭というたった1日のために毎日練習に明け暮れました。

成績は下から数えた方が早いようなやつでしたが、一日も休まず皆勤賞。女の子ともうまく話せない、カッコつけ全開時代です。
若干黒歴史感は否めないので、あまり覚えてない事にしています。

インターネットと私

幼稚園時代からインターネットを触っていた子供で、ローマ字は年長で覚えました。主にフラッシュゲームで遊んでいました。
高校生になって自分専用のパソコンを買い、画像編集、動画編集、HPやブログ作成など、プログラミング以外の事は全部やりました。
新しい事を知るのが好きだったのでインターネットはまさに情報の宝庫でした。

学生時代学んでいたことで、入社後役に立ったこと

学生時代にRubyやPHPを勉強していたことや、大学4年の時にいったスタートアップでのインターン経験は入社後、役に立ちました。
また自分がやりたいと思った事を、まずはやってみるという姿勢を学生時代に身につけることができ、その姿勢のおかげで、入社してからもどんどん色々な事に参加したり、色々な事を吸収できているので、強みを認識するのは大事な事だと思います。

なんでこの学校に進学したの?

周りに流され、特に理由もなく機械工学部に進学しようと考えていたのですが、センター試験があまり奮わなかったので将来を考え直しました。
その結果、自分の好きなコンピュータに関することがやりたくなり、やったことの無かったプログラミングに漠然と興味が湧き、情報学部のある学校に進学しました。

学生時代のエピソード

課題に追われる毎日を過ごしながら、プログラミングを勉強していたのですが、思っているよりつまらなかったのが最初の印象です。
プログラミングを学ぶ専門のコースに、なんとか進んだのですが、なかなか概念が理解できず、コースの単位を落としてしまうような落ちこぼれでした。しかし、自分が学びたいと思ったことを中途半端に終わらせるのがとても嫌だったので、自分からプログラミングを勉強し直しました。
大学のプロジェクト(ゼミみたいなもの)で成果物を作りながら勉強し直せたのが、自分の基礎になりました。

ペパボの就活のエピソード

当時インターンをしていた会社の先輩エンジニアが元ペパボのスタッフで、その人に「行ってみたら」と言われたのがきっかけです。
最初はペパランチョンに参加したのですが、CTOとチーフエンジニアの話を聞き、この会社はレベルが高すぎて無理だと思ってその時はエントリーしませんでした。
しかし、どこかで諦めきれない思いがあったので最後の最後に挑戦することにし、今に至ります。

仕事のやりがい

まだ研修中ですが、基礎研修で得た知識や経験を、OJTでそのまま活かすことができるのが、新卒のやり甲斐だと感じています。

1番嬉しかったお仕事

グループ研修で個人賞を受賞し、ケンタロさんに表彰していただき抱き合ったことです。

研修での思い出

新卒は研修の一環で福岡支社に一ヶ月間行きます。慣れない土地に不安も多く最初はどうなるんだという気持ちだったのですが、職種関係なく色々な人と関われる最高の経験ができました。また同期と切磋琢磨し、ほとんどの時間を一緒に過ごしたので、お互いがどういう人柄なのかを理解しあいながら研修に励むことができました。福岡研修最後の日はたくさんのスタッフが飲み会に参加し、僕らを見送ってくれたのがとても嬉しく、今でもその時のことを思い出します。

「みんなと仲良くすること」のエピソード

入社して、色々な人とランチにいったり、社内のイベントや飲み会に積極的に参加しました。
沢山の人と関わって自分のことを知ってもらい、さらに相手のことを理解しようと努めました。
その結果、会社で自分のことを理解してくれる人が多くなり、今非常に過ごしやすい環境で仕事に専念することができています。

ハイプレッシャー・ハイパフォーマンス スンのとある1日

  1. 09:30

    会社まで一時間位なので、割りと早めに出て30分前に着くようにしています。
    GMO Yoursでもらえるサンドイッチと豆乳を飲みながらゆったりすごしています。

  2. 13:00

    サブウェイを自席で食べます。社内で一番サブウェイを食べていると自負しているので、サブウェイの事なら何でも聞いていただきたい。
    週に数回は同僚と外食します。GMO Yoursを予約して利用することもあります。
    が、大抵サブウェイを食べています。

  3. 14:00

    お腹いっぱいになったら午後もがっつり取り組みます。
    仕事は主にサービスのプログラムの改善を行います。
    大変頭を使う作業なので糖分が大事です。
    そのためおやつを食べて頑張っております

  4. 16:00

    本気を出す時間なので、ここで頑張らないと終わるというプレッシャーを自分にかけています。
    僕はそれでうまくいきますが、大抵の人にはきついので、つらいなら休憩するのがこれ幸いかと思われます。
    写真はメンターに質問をしている様子です。プログラムを実装をしていて躓いたり、悩んだりした時には、自分の頭を整理してから相談をさせていただいてます。

  5. 20:00

    基本的に定時に仕事を終えて、家でご飯を作ってゆったりすることが多いです。
    早く寝て明日に備えるのです。
    という生活もありかもしれませんが、つけ麺を食べて帰るのがやはり幸せですね。

あなたのキャラクター見せてください!楽しみにしています!

エントリーする